教育は知識を暗記するだけでなく、学ぶ力を身に付けます。

日本の学校教育と英語の考え方

教育は知識を暗記するだけでなく、学ぶ力を身に付けます。 学校教育では、英語が大学まで合わせると10年ぐらい勉強することになりますが、高校を卒業するまでにも6年間は勉強をします。例えば英会話の学校に行く場合に、6年も勉強をすれば週に数回の授業でも、英会話ぐらいは、よほどのことがない限りできるようにはなるでしょう。どうしてもうまくならない人もいるでしょうが、それでも基本的な日常生活での会話ぐらいはできるようになるのではないかということになります。しかし学校教育では、それ以上の時間を勉強しています。

それがどうも不思議で、学生自体が余りにも英会話もできないような状態になっています。そのような疑問を持つと、それは英会話と英語の教育は違うという話になりますが、結局は社会人になって役に立てるために授業であるならば、今のような状態には、ならなかったのではないかとも考えてしまいます。そうなるとあまりにも教育費の無駄ということになります。

他の授業でも同じですが、特にこれからはインターネットなどでも英語が必ず出てきますし、仕事ということでも英語は必須の共通語になっています。そうであれば、せめて高校までの6年間で、難しい内容ではなく、実践的な英会話の意思の疎通ぐらいできるようにしていかなければいけないのではないかということになります。何よりも先生が会話ができるようにしてほしいということがあります。

お役立ち情報

Copyright (C)2019教育は知識を暗記するだけでなく、学ぶ力を身に付けます。.All rights reserved.