教育は知識を暗記するだけでなく、学ぶ力を身に付けます。

早期教育となる1〜2歳の頃の親の対応は大切

教育は知識を暗記するだけでなく、学ぶ力を身に付けます。 子供は成長に合わせた発達があり、その発達に合った働きを大人がする事によって子供の能力は開花します。そこで将来のためにも能力の基礎をしっかりと作り上げるために早期教育となる1〜2歳の頃の親の対応は重要です。1歳になると子供はハイハイが活発となり、いままで寝ているだけの生活から飛躍的に世界が広がります。興味がある物に自分から近寄っていくようになり、赤ちゃんといえども感動をえる事になり、好奇心が高まっていきます。食事にもスプーンを使うようになり、道具に対して興味を持つ様になり、言語も話す様になるとさらに学習の幅が広がっていきます。

1〜2歳には身体がさらに成長しハイハイから一人で歩くようになり、大人とすれば子供が早く一人で歩けるようになってほしいと思ってしまいますが、ハイハイにはメリットがあります。這う行動は胸や腕の筋肉を鍛え、脳にも良い刺激を与えます。這う期間は短期間となるので、ハイハイの期間を楽しませてあげる気持ちで見守る事も大切です。1〜2歳の時期には基本的信頼感を築く時期で、あぶないと思う行為以外はあまり叱らない様にした方がよいです。好奇心旺盛の時期となるので新しい事に出会っていく赤ちゃんの学習意欲が育つ時期になりますので、できる限り自由に動き回れる安全な環境作りを心掛ける事が大切です。

お役立ち情報

Copyright (C)2019教育は知識を暗記するだけでなく、学ぶ力を身に付けます。.All rights reserved.